ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

村づくり委員会

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年11月1日更新

 村づくり委員会は村全体に関わる課題についての学習、研究に対する支援制度です。

 持続可能な発展の村づくりのために、村民が自発的に行う村づくりの事業(以下「村づくり委員会事業」という。)の経費に対して、予算の範囲内で支援いたします。
(補助金は1事業につき、およそ10万円まで支援します。)

 村づくり委員会は、村づくり事業を行う、5名以上の村民で組織しますが、目的を同じくする村外者の参加を認めます。
 現在、六十六の団体が登録されており、平成二十五に年度具体的に活動した団体は十九団体です。
 新たに、この支援金を利用しようとする団体は、下記をご確認いただき、是非多くの団体の皆さんにご活用頂きますようご案内します。

村づくり委員会事業補助金交付までのながれ

1.村づくり委員会の登録をします。

【提出書類】

  • 「村づくり委員会団体届」

2.事業実施に向けて必要な経費を算出し村へ申請します。

  • 補助金の対象となる経費については下記を参照して下さい。
  • 補助金の額は予算の範囲内とし、全額補助を原則としますが、一項目で10万円を超えるものについては、事前に村づくり委員会事務局と協議を行ってください。

【提出書類】

  • 様式第1号 補助金等交付申請書
  • 様式第2号 事業等計画書( )

〇補助金の対象となる村づくり委員会事業の経費は、次のものをいいます。

  • 報償費(研修・指導に必要な講師謝金等)
  • 旅費(講師旅費、研修旅費等)
  • 消耗品費(参考図書代等)
  • 燃料費(車借り上げ時の燃料費等)
  • 印刷製本費(会議資料、報告書印刷費等)
  • 使用料(研修会開時の有料道路使用料等)
  • 賃借料(運営に必要な機器、車両の賃借料等)
  • 負担金(研修会参加費等)

【村】.事業実施内容等を確認し、交付金額を決定します。

3.事業を実施します。

事業実施完了後、証拠書類と共に事業実績を村へ報告します。

【提出書類】

  • 様式第4号 事業等完了報告書
  • 様式第5号 事業等実績報告書

 【村】.実績報告書により、申請された事業が正しく実施されているか審査します。審査後、補助金額を確定し通知します

4.確定された補助金を請求します。

【提出書類】

  • 様式第6号 請求書

【村】.補助金が交付されます。

申請様式