ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

長岳寺

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年11月1日更新

 天台宗の古いお寺です。武田信玄は野田城の戦いで病にたおれ甲斐へと帰国の途上で亡くなりました。その場所が駒場(現阿智村)の地であり、遺骸を安置したのが長岳寺といわれています。遺品として、信玄公の兜の前立て二種類が寺宝として所蔵され十三重の供養塔があります。