ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 村道・上下水道 > 橋梁長寿命化修繕計画を策定しましたので公表します

橋梁長寿命化修繕計画を策定しましたので公表します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月23日更新

橋梁の長寿命化を図り維持更新費用の縮減と平準化を行うこ とを目的として橋梁長寿命化修繕計画を策定ました。

橋梁長寿命化修繕計画

背景及び目的

背景

阿智村が管理する道路橋は、平成22年4月1日現在で185橋あり、このうち建設後50年を経過する高齢化橋梁は、12橋となり全体の 6.5%を占める現状となっている。

特に高度経済成長期 (1955~1972) に築造された橋梁が多く、これらの橋梁が今 後15年で高齢橋梁となることから、平成37年における高齢化率は 54.6% となり、急速に橋梁の高齢化が進展することとなる。

目的

このような背景から、今後において増大が見込まれる橋梁の維持更新費用につい て、これまでの事後保全的な対策から、計画的かつ予防的な修繕へと転換を図る必要がある。また、高齢化の進む橋梁の安全を確保し、安心して利用できる道路ネットワークを確保することも必要である。

これらの必要性と、橋梁の長寿命化を図り維持更新費用の縮減と平準化を行うこ とを目的として、橋梁長寿命化修繕計画を策定する。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)