ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ処理・衛生管理 > 平成29年9月からごみ袋・生ごみ証紙の取り扱いについて

平成29年9月からごみ袋・生ごみ証紙の取り扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月16日更新
平成29年8月末まで使用のごみ袋等平成29年9月から備考
硬質プラスチック袋使用できません換金できません。
燃やすごみ袋(紙製)使用できます生ごみを入れる場合水分がでないようにしてください。
不燃ごみ袋使用できますガラス陶磁器等は平成29年9がつ以降も収集しますのでご使用ください。
生ごみ証紙使用できません平成29年9月から12月まで換金できます。
  • 平成29年9月からのごみの分別方法の変更に伴いごみ袋、生ごみ証紙の取り扱いが変わります。

燃やすごみの袋を黄色のポリエチレン製に変更します。(9月から)

  • 分別収集の変更に合わせて変更します。 
  • 現在の袋よりも若干容量が増えますが、袋の販売価格は据え置きを考えています。
  • 8月販売開始を予定しています。
  • 詳細につきましては、後日広報等でお知らせします。

これまでの燃やすごみ袋は、9月からも使用できます。

  • 生ごみを入れる場合は、ビニール袋に入れるなど、水分がもれないようにしてください。