ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 定住促進 > 阿智家族 > とうふ店 小池忠臣さん
阿智家族

とうふ店 小池忠臣さん

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月1日更新
小池忠臣トップ

 「大豆のふやかし方ひとつで、でき上がりは全然違ってしまうんですよ。ふやかし過ぎればとうふになりにくい。足らなければ風味が落ちてしまう。気温と大豆の状態を見極めて、ちょうどいい時間を毎日微調整していく。手づくりですから、ごまかしがきかない分、気を使います」
 

 南木曽と伊那谷を結ぶ清内路峠に、旅籠兼酒屋として創業して135年。今や長田屋といえば、市内だけでなく県外の常連さんや旅館のマイクロバスが続々と乗り付けて、手づくりどうふや油あげを買っていく人気店だ。
 

 「とうふを作り始めたのは祖父の代で約80年ほど前。自分も中学高校の頃には、大豆を挽いてから学校へ行ったものです。長田屋のとうふは、やっぱり清内路の水あってこそなんですよね。水との相性がとうふづくりのすべてだと思います」そう語るのは店主であるご主人の小池忠臣さん。

 深夜午前2時に始まる作業は、午前7時には仕上がり、8時にはパッキングされて市内や昼神温泉へ配達されてゆく。

小池02小池01ブランク

清内路の何軒か合同で民泊を受け入れている。小池さん宅もそのひとつ。
つりの人、歴史に興味のある人、何度もリピートする人…。
定住をと焦るのではなく、まず地元へ来て理解してもらうことが大切、と語る。

小池04小池03小池00

とうふ製品だけでなく、酒類から魚や地元野菜、菓子なども販売する地元でたった1軒の
“老舗コンビニ”としての一面を持つ。
かつては薪で行っていた作業も、機械を導入し5人体制で約500丁ほど作れるようになった。