ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 村長の部屋 > 美しく輝く未来へ(第11回)
村長あいさつ
村長コラム(広報あち掲載)
情報提供

美しく輝く未来へ(第11回)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月20日更新

~ 60年の重みを感じて~

 皆さんご承知の通り、本年は阿智村にとって村制60周年という記念すべき年であります。昭和31年3ヶ村が合併し、古代東山道にちなむ阿智の名を冠した村として発足しました。近隣市町村では松川町天龍村も60年だそうです。各市町村、希望の決断でもあり苦渋の決断でもあり、合併や独立を選んだ歴史の重みを我々は感じていかなくてはなりません。
 阿智村はその後、平成18年に浪合村と、21年に清内路村と合併しました。当時決断した人たちの想い、選択した住民の想いは、いつまでも大切に受け継がれていかなくてはなりません。60年前もそうであったように・・・
 当村は下伊那の中でも特に面積は広く、地形上の点から、まずはそれぞれの地域が輝くことで、阿智村全体がさらに輝きを増すと感じています。「歴史を語ろう!夢を語ろう!60年」まずは歴史を一人一人が勉強し夢を抱き、そして阿智村に生まれて住んでよかったと心から想える村政を担って参りたいと思います。

広報あち 平成28年7月号掲載