ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 観光情報 > 歴史・文化財 > 熊谷元一 写真童画館 > 第21回熊谷元一写真賞コンクール作品の募集について

第21回熊谷元一写真賞コンクール作品の募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月10日更新

阿智村出身で膨大な農村記録写真を遺した熊谷元一氏の功績を称え、『熊谷元一写真賞コンクール』を開催します。 21回となる今回は、「はたらく」をテーマとするテーマ部門と、テーマ設定しない阿智村内撮影部門の2部門で募集します。多くのみなさまのご応募をお待ちしています。

コンクールの趣旨

阿智村は、膨大な農村記録写真を遺した熊谷元一氏(1909~2010、阿智村出身の記録写真家・童画家)の功績を称え、その功績を現代に生かし発展させることを願い、また、心豊かな生活文化の創造実現のために、「農村記録写真の村」を宣言しました。その一環として、平成10年に信濃毎日新聞社の共催をいただき、『熊谷元一写真賞コンクール』を創設しました。

部門

◎テーマ部門 「はたらく」

 写真賞コンクールの記念すべき第1回のテーマが「働く」でした。ひとつの村で人間を中心とした生活記録写真を撮り続けた熊谷元一先生の精神を受け継いだカメラアイで、さまざまな働く姿を捉えました。それから20年が過ぎ、世代や地域、そして仕事のスタイルが変わってきています。働く人たちを被写体にして、真剣に向き合う姿やまなざし、笑顔、輝いた瞬間にレンズを向けてください。どんな仕事がでてくるのか?どんな変化があるのか、懐かしい光景に出くわすのか、大いに期待するところです。

 高校生以下の皆さんも、ぜひ働くことについて考える機会を持ち、家族や友人など身の回りを観察して「はたらく」を表現してください。農作業や家業のお手伝い風景もあるでしょう。

◎阿智村内撮影部門 (テーマは設定しません。)

 テーマにとらわれない阿智村内で撮影した作品を対象にした部門です。
 元一作品にみられる、人を中心とした生活記録写真の精神を受け継ぐ力作を期待します。ぜひ阿智村にお越しいただいて阿智村にふれていただき、または住んでいる阿智村を改めて見つめ直していただき『阿智村』を活写してください。自然、祭り、温泉、史跡・旧跡…、美しく被写体の宝庫である「阿智村」を撮影して作品をお寄せください。   

元一写真大賞1点 賞状・賞金7万円・トロフィー・副賞(昼神温泉宿泊券3万円相当)
阿智村賞1点 賞状・賞金3万円・トロフィー・副賞(昼神温泉宿泊券2万円相当)
信濃毎日新聞社賞1点 賞状・トロフィー・副賞(昼神温泉宿泊券2万円相当)
JAみなみ信州賞1点賞状・賞金3万円・トロフィー・副賞(地元農産物1万5千円相当)
優良賞2点賞状・賞金1万円・トロフィー・副賞(昼神温泉宿泊券1万円相当)
飯田信用金庫賞5点賞状・副賞
佳作10点賞状・トロフィー・副賞(昼神温泉宿泊券1万円相当)
阿智村輝き賞(阿智村内撮影部門)10点賞状・トロフィー・副賞(1万円相当地元商品券)

審査員 

増田今雄(長野県写真連盟監事)、須藤功(民俗学写真家)、飯澤耕太郎(写真評論家)、毛利英俊(信濃毎日新聞社写真部長)、杉本恭子(写真家)、佐々木賢實(熊谷元一写真保存会理事)

応募要領

応募規定3年以内(平成27年1月1日以降)に撮影した未発表作品とし、カラーまたは白黒、フィルムカメラまたはデジタルカメラ
応募点数一人につき5作品以内(入賞・入選は1人1点)
応募方法四つ切(ワイド可)。作品の裏に、フィルムカメラ・デジタルカメラの別、テーマの別、作品名・撮影場所(地区名)・撮影年月・郵便番号・住所・氏名・電話番号・Fax番号・年代(高校生以下は学年)・性別を明記した下記の応募票を貼ること。

※応募者の個人情報は、入賞等の通知、受賞者名簿の送付、次回以降のコンクール及び写真企画展のご案内以外には一切使用しません。

応募締切平成30年10月1日(月曜日)到着分まで《平成30年4月以降応募受付》
応募作品送付先

〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里331-1
熊谷元一写真童画館内「写真賞コンクール事務局」 Tel/Fax:0265-43-4422

注意点
  • 入賞・入選作品の著作権は撮影者に帰属します。

  • 主催者は本コンテストの広報活動および写真文化全般への貢献活動を目的として、主催者の管理、使用、主催するウェブサイト、写真展、イベント、展示会(その施設等を含む)、印刷物、宣伝広告物等において、入賞作品を、入賞者の許諾を要することなく無償で、複製、表示、掲載、公表、展示、印刷、領付、および上映する非独占的な権利を永久に有するものとします。

  • 入賞・入選作品はネガフィルムまたは電子データを提出して頂きます(提出されない場合は入賞・入選は取り消されます)。入賞・入選作品は返却いたしません。

  • 被写体に人物が入る場合、肖像権侵害等の責任は負いかねます。応募に際しては、必ず事前に本人(被写体)の承諾を得て下さい。

  • 入賞、入選者は表彰式に出席して下さい(代理出席可)。表彰式は、2018年11月17 日に阿智村で開催する予定です。

  • 応募者の個人情報は、入賞等の通知、受賞者名簿の送付、次回以降のコンクール及び写真企画展のご案内以外には一切使用しません

応募作品の返却 入賞・入選以外の応募作品で返却希望の場合は、応募票に【返却希望】と赤字で記入し、必要分の切手を貼付して返信先住所を記入した返却用封筒を必ず同封して下さい。【返却用封筒のない場合及び切手の額面不足の場合は、着払い宅配便で返却します。】

 主催

阿智村 

共催

信濃毎日新聞社

後援

熊谷元一写真保存会・長野県写真連盟・公益社団法人日本写真協会・SBC信越放送

協賛

みなみ信州農業協同組合・飯田信用金庫

問合せ先

  • 写真賞コンクール事務局 熊谷元一写真童画館 Tel・Fax:0265-43-4422
  • 阿智村役場協働活動推進課 Tel:0265-43-2220 (内線512)  Fax:0265-43-2351 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)