ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

出産・育児に関する助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年4月1日更新

安心して出産・育児を行っていただくための支援制度です。

各種制度のご案内

めばえ支援事業

不妊症に関する治療に対し、その治療費の一部について阿智村が支援をおこないます。

対象:阿智村に住所を有した日から1年以上を経過し、現に阿智村に住所を有する夫婦で、不妊症の治療を必要とされた方。
補助額:年度ごと、治療・検査に要した費用に対し、50万円を限度に補助します。
 
窓口:役場民生課

 

妊婦一般健康診査無料券の交付

妊娠届を提出される際に、母子手帳と妊婦一般健康診査受診票(無料券)を交付します。
健康相談もあわせて実施しています。

窓口:役場民生課 保健師

 

国民健康保険出産育児一時金

出産育児一時金42万円が支給されます。
(ただし、産科医療補償制度に加入していない病院等で出産したときは39万円です)
出産前に申請していただくと、村から医療機関へ直接支払われます。
国保以外の方は、職場または健康保険組合へお問い合わせください。

窓口:役場民生課

 

出産祝金

村から出産のお祝い金(一人につき5万円)を支給します。

窓口:役場民生課

 

福祉医療費給付金(子ども医療費)

医療機関の窓口等で、受給者負担金(最大300円)を支払うことで、医療サービスを受けることができます。

窓口:役場民生課

 

児童手当

15歳以下のお子さんを養育している方を対象に児童手当を支給します。

窓口:役場民生課

 

かるがも学級の開催

出産を控えたご夫婦のための学習会と、交流をおこないます。

妊娠6か月から出産されるまでの方を対象に年4回おこないます。

窓口:役場民生課 保健師

 

授乳・育児相談助成

乳房ケア・授乳、育児に関する相談、産後の健康に関する相談をした時の費用を初回のみ4,000円を限度に補助します。

阿智村に住所を有し、出産から1年以内のお母さんが対象です。

窓口:役場民生課 保健師