ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育・社会教育
教育長あいさつ
教育委員会の体制
教育委員会の会議

教育

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月27日更新
  [その他のファイル/1.09MB]

 

教育の窓

 教育長の黒柳紀春です。
 阿智村教育委員会では本年度、子育て支援と保護者負担の軽減を図るため、村内小中学校の児童・生徒に阿智村産コシヒカリの米代と年12回の地域食材の日の給食費を全額補助する学校給食費支援事業を開始しました。学校教育では、阿智村の子どもたちの伸びる力を伸ばすため、中学3年生対象に村営学習塾を開設しました。英語・数学・国語3教科に5名の講師を配置し基礎・応用両面から学力の向上をめざします。また、学校教育専門主事、教育支援主事、学習支援主事、理科支援員等の学校訪問により、きめ細かで効果的な学習支援を展開してまいります。
子育て支援、学校教育、保育園、社会教育と社会体育・公民館・文化財、学校給食共同調理場と、教育委員会の役割は多岐に亘りますが、常に村民目線で必要な事業を推進してまいります。ご要望ご相談等ございましたら、遠慮なさらず事務局にご連絡ください。真摯に対応させていただきます。
本年度も阿智村教育委員会をよろしくお願いいたします。

         教育長 黒柳 紀春

今月のトピックス

=5月の主な出来事=

∞全若駒アカデミーの開講準備、着々と進行∞

 5月23日(月)若駒アカデミー講師打ち合わせ会を行いました。講師の先生方に委嘱状を渡した後、仕事内容や講座の進め方について意見交換しました。黒柳教育長は、「若駒アカデミーが、阿智中学校の向学の気風を育む一助になるとともに、通常の学びと一体となって、学力向上の相乗効果をもたらしてほしい。」と、期待を語りました。

 
  

若駒アカデミー講師との打ち合わせの様子

∞長野県教育委員会原山教育長 村内小中学校を訪問∞

 長野県教育委員会の原山隆一教育長が5月11日に浪合小・清内路小・平谷小を、5月12日には第一小・第二小・第三小・阿智中学校を訪問し、各校長、教育長と懇談しました。 原山教育長は、「これからの時代は、中山間地の学びが教育の中心となる。飯田・下伊那が先取りして積極的に取り組んでほしい。」と語られました。

 
 
 

長野県原山教育長 阿智村教育長 村内小中学校長との懇談

=4月の主な出来事=

全国一斉学力・学習況調査を実施

 4月18日(火曜日)、小学6年生と中学3年生を対象に全国学力・学習況調査が実施されました。村内でも小中学校全6校で、国語A・B、算数A・B(中学校では数学A・B)の問題に真剣に取り組む姿が見られました。阿智村教育委員会では、各学校と連携し、確かな学力と豊かな心を育むため、この調査結果を分析・活用していきます。                          

 
 
 A問題は基礎、B問題は活用です(阿智第一小学校6年生)

小学校4年生から外国語活動を試行

 阿智村の小学校では、平成32年度完全実施の学習指導要領改訂を受けて、今年度から4年生より外国語活動の学習を始めました。今年度は、年間10時間の外国語活動を計画しています。45分授業を15分単位に分けて、30単位の学習(モジュール学習)を行います。

 各小学校が足並みをそろえて学ぶ、「阿智村モデル」が充実するように、教育委員会でも支援していきます。

 
 

アルファベットカードを使った外国語活動 (阿智第二小学校4年生)

 

教育委員会の体制

   「保育園」「子育て支援室」「総務係」「学校教育係」「社会教育係」「公民館」「図書館」「共同調理場」を担当しています